頻尿と糖尿病について
ストレス?寝不足?頻尿の悩み丸わかり頻尿対策ガイド
頻尿対策TOPなぜ頻尿になるの?その原因とは?糖尿病と頻尿の意外な関係性

糖尿病と頻尿の意外な関係性とは?

糖尿病と頻尿の意外な関係性とは?

歳をとると、夜中にトイレに起きるようになるなど、いわゆる「頻尿」の症状を訴える人が増えてきます。加齢による頻尿は、ホルモン分泌の乱れや、膀胱の機能の低下などによって起こる事はご紹介しましたね。

しかし、加齢とは別に、糖尿病が原因で起こる頻尿もあります。

「糖尿病と頻尿って関係あるの!?」って思った方も多いと思いますが、実は密接な関係があるのです。ここでは、糖尿病と頻尿について紹介していきたいと思います。

糖尿病の「のどの乾き」によって起こる頻尿

糖尿病による「のどの乾き」によって起こる頻尿

「糖尿病」を患うことで、「頻尿」などの排尿トラブルが起きることがありますが、これには2つの理由があります。

1つは、「のどの渇き」によるものです。糖尿病は、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が慢性的に高くなる病気なので、体はブドウ糖を水分とともに、尿として排泄することで血糖値を下げようとします。

すると、大量に尿が出るようになりますが体に必要な水分まで排泄されてしまうので、異常にのどが乾くようになるのです。このため、人は水分をたくさんとるようになり、さらにトイレの回数が増えるという悪循環に陥ります。

この場合は、尿に行く回数が増える「頻尿」だけでなく、1日の排尿量が増える「多尿」も起こりやすいというのが特徴です。

糖尿病の「神経障害」によって起こる頻尿

糖尿病の「神経障害」によって起こる頻尿

もう1つは、糖尿病の「神経障害」によるもの。

膀胱にある程度尿がたまると脊髄の神経を介して大脳に信号が送られ尿意が起こります。

トイレに行くまでは大脳から「まだ尿を出してはダメ」という指令が膀胱や骨盤内の筋肉に出され、準備が整えば「出してもいいよ」という指令が出て、主に副交感神経の働きによって、尿道が緩むともに膀胱の筋肉が収縮して尿が出るのです。

しかし、糖尿病で高血糖の状態が長く続くと、神経が障害されてしまうので夜間頻尿が起きたり、尿意を感じづらくなったり、排尿するのに時間がかかったりするようになることがあるのです。

糖尿病における頻尿の予防と治療

糖尿病が原因で起こる頻尿の予防や治療は、いずれの理由にしても「血糖コントロール」です。

糖尿病治療の基本である食事療法や運動療法を続けながら、必要であれば薬物療法も行うこともあります。糖尿病患者さんで頻尿の症状を感じる場合は、自己判断での治療は避け、まずはかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

頻尿は糖尿病のサインかも?!気になる場合は早めに受診を

糖尿病の「神経障害」によって起こる頻尿

頻尿の原因はさまざまなものがあり、必ずしも重篤な病気であるとも限りませんが、明らかにおしっこの回数が増えた、水分を過剰摂取しているなどの状態が続く場合には早めに医師の診察を受けるようにする事をおすすめします。

糖尿病は「サイレントディジーズ(静かなる病気)」と呼ばれるほど、初期には症状が分かりづらく、気づいたときにはかなり進行してしまっていることも多い病気です。なので、早く医師に相談した方がいいと言う事が分かりますね。

頻尿の他にも、疲労感やのどの渇きなどの症状があれば糖尿病のサインかもしれません。

ささいな体の変化も見逃さないようにしたいものですね。

頻尿に効果的なサプリランキング

 

 

 

頻尿に効果的なサプリメントトップ3

ノコギリヤシEX

ノコギリヤシに加えトマトリコピンや有用性を吟味して厳選した7種類の植物成分をバランスよく配合。

ノコギリヤシEX

総合評価

50/50点
公式サイトはこちら

ノコギリヤシ+イソサミジン

宝ヘルスケア株式会社
ノコギリヤシ+イソサミジン

ノコギリヤシの他にも屋久島原産のボタンボウフウ(長命草)に豊富に含まれる新健康成分「イソサミジン」を合わせて配合。

ノノコギリヤシ+イソサミジン

総合評価

39/50点
公式サイトはこちら

クレアギニンEX

健幸生活研究社
クレアギニンEX

ノコギリヤシを1日当たり400mgも高配合し、女性の頻尿に効果が期待できるペポカボチャもバランス良く配合しているので、男女共に効果が期待できる。

クレアギニンEX

総合評価

32/50点
公式サイトはこちら
 
運営者情報
ストレス?寝不足?頻尿の悩み丸わかり頻尿対策ガイド