頻尿に効果的な漢方薬とは?
ストレス?寝不足?頻尿の悩み丸わかり頻尿対策ガイド
頻尿対策TOP手軽にできる頻尿対策方法頻尿に効果的な漢方薬

頻尿には漢方薬が効くって本当なの?

頻尿には漢方薬が効くって本当なの?

頻尿の治療というと泌尿器科での治療のイメージが強いと思いますが、最近では他にも様々な治療法が出てきています。その中のひとつが「漢方」によるもの。「漢方ってあの苦いやつ?」と思い浮かべた人もいるでしょう。漢方と聞くだけで嫌だと思ってしまう人もいるかもしれませんが、良薬口に苦しとはよく言ったもので頻尿の治療には高い効果が期待されています。

漢方は日本で発展してきた伝統的な医学体系です。漢方における膀胱の働きは「腎」の機能によるものとされています。これは単に人間の臓器である腎臓のみを指しているのではなく、排尿・排泄や代謝、ホルモンのバランス、免疫系など、様々な機能を含めて腎と呼び「生命の源」と考えられているのです。

しかし、その分腎の機能が衰えれば身体には不調が表れます。腎が衰えている状態を漢方では特に「腎虚」と呼びます。頻尿を引き起こす原因のひとつである過活動膀胱などは、漢方では腎虚の治療によって改善していくものなのです。

西洋医学では頻尿の治療をする際、尿意を起こす原因となる膀胱関係の神経をブロックして症状を抑えようとしますが、漢方の場合は身体の内面を改善していくことで頻尿を治療しようという考え方をします。具体的にいえば、膀胱だけでなく尿道周辺、自律神経、泌尿器全体の老化を防いで機能の低下を予防することで根本的に頻尿を治していくのです。

頻尿治療におすすめの漢方薬はこれ!

頻尿治療におすすめの漢方薬はこれ!

頻尿の治療で用いられることの多い漢方薬には「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」「八味地黄丸(はちみじおうがん)」などがあります。聞き馴染みのない言葉なのでわかりにくいですが、それぞれ有効に作用する症状が異なります。

頻尿と残尿感が併発している方に効果的なのは当帰芍薬散です。膀胱炎のように細菌性ではない頻尿は身体の冷えによって引き起こされていることがあります。身体が冷えると汗などをあまりかかないことに加え、血管が収縮したり、交感神経が活発になったりします。こういった変化によって頻尿になっているのであれば血流や代謝を活性化することで改善が期待できます。

また、夜間頻尿に悩まされている方には八味地黄丸が有効です。夜間頻尿は就寝中に抗利尿ホルモンが分泌されていない状態であり、改善するには日中の腎臓の働きを活発にする必要があります。八味地黄丸は身体を温めることで腎臓の働きを活発にしてくれるので、頻尿の改善につながります。

ただ、最初に触れたように漢方での治療はあまり馴染みもなく、少し敷居が高いことも否めません。頻尿の治療には「膀胱訓練」やサプリメント、病院で処方される薬など様々なものがあるので、症状の程度と原因をしっかり理解し、使いやすいものを選びましょう。

漢方治療はちょっと気が進まない・・・そんな人に頻尿改善サプリランキング

 

 

 

頻尿に効果的なサプリメントトップ3

ノコギリヤシEX

ノコギリヤシに加えトマトリコピンや有用性を吟味して厳選した7種類の植物成分をバランスよく配合。

ノコギリヤシEX

総合評価

50/50点
公式サイトはこちら

ノコギリヤシ+イソサミジン

宝ヘルスケア株式会社
ノコギリヤシ+イソサミジン

ノコギリヤシの他にも屋久島原産のボタンボウフウ(長命草)に豊富に含まれる新健康成分「イソサミジン」を合わせて配合。

ノノコギリヤシ+イソサミジン

総合評価

39/50点
公式サイトはこちら

クレアギニンEX

健幸生活研究社
クレアギニンEX

ノコギリヤシを1日当たり400mgも高配合し、女性の頻尿に効果が期待できるペポカボチャもバランス良く配合しているので、男女共に効果が期待できる。

クレアギニンEX

総合評価

32/50点
公式サイトはこちら
 
運営者情報
ストレス?寝不足?頻尿の悩み丸わかり頻尿対策ガイド